また“噛める”喜びを取り戻してほしい

一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは、虫歯と歯周病、歯槽膿漏の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことで、歯科診療全般における治療を指します。皆さんが、歯が痛くなって歯医者に訪れた際に行われる「虫歯の治療」として、削って詰める、銀歯を入れる、深い虫歯の根の中の治療をして歯を残す、銀歯をかぶせる、入れ歯を入れるなどの、保険適用治療のことです。

北山デンタルクリニック銀座の一般歯科では、痛みのある歯の治療はもちろん、まずは口の中全体を検診し、検診結果から問題を見つけ患者さまに現状をしっかり把握していただきます。その後、ご要望をお聞きし、それぞれの患者さまに合ったオーダーメイド治療プランをご提案します。その上で、患者さま自身で治療プランを選択していただきます。

当院では、緊急を要する時以外は、検診結果をもとにカウンセリングルームで患者さまへしっかりご説明をしてご納得していただけよう、カウンセリングに時間を割いております。そうすることで、今何の治療をしていて、今後どのような治療と対策が必要かをご理解していただけます。これにより、歯科医と患者さまが二人三脚で同じ目標を見据えた効率のいい治療を行え、時間短縮や無駄な治療費のカットが可能になります。これこそが当院の目指す、本当に意味での「満足のできる治療」です。

また、当院では最新の設備を揃えており、細部の治療に関しては精密治療を行うことも可能です。神経に触れたり、余計な部分を削ったりという治療の粗を極力なくすことができます。治療の粗をなくすことによる「痛みのない治療」への取り組みにも力を入れています。

虫歯とは

虫歯は、お口の中に残っている細菌が、歯の表面の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。その後、エナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へまで進行し、細菌が神経まで届くと強い痛みを感じるようになります。皆さんが歯医者に駆け込むのはこの状態が多いのでないのでしょうか。

虫歯は治療せずに放置しておくと、自然治癒することなく、徐々に進行していきます。最初は小さな穴であったものが、だんだん大きくなり、治療するにも大きな痛みを伴うようになります。違和感を覚えたら、すぐ歯科医で診てもらいましょう。

こんな時は歯医者へ相談

● 冷たいものや温かいものを口にするとしみる
● ズキズキとした痛みを常に感じる
● 物を噛んだ時に痛みを感じる

上記は虫歯の主な症状です。すでに痛みなどの自覚症状がある場合は、虫歯が進行している可能性が高く、早急な治療が必要です。なお、虫歯の初期段階は目立った自覚症状がなく、発症に気づきにくいという特徴があります。しかし、これを放置するとどんどん細菌の進行を許すことになり非常に危険です。C0と呼ばれる初期段階出あれば、適切なブラッシングや歯科医院でのフッ素塗布などで自然治癒できる可能性もあります。痛みなどがなくても、歯に少しでも違和感を覚えたのなら当院までご相談ください。

自然治癒しない?虫歯放置のリスクとは?

前項のとおり、虫歯は治療しないとどんどん進行し、最終的には重篤な症状を引き起こす怖い病気です。加えて、以下のようなリスクがあることも覚えておきましょう。

● 物がうまく噛めなくなり、食欲不振につながる
● 何もしていないのに、常に痛みがつきまとう
● 細菌が繁殖し、口臭がきつくなる
● 細菌が顎へ感染し、顎の変形につながる可能性がある
● 血液に細菌が侵入し体内に取り込まれると、心臓病などのリスクが高まる

さらに大きなリスクとしてあげられるのが抜歯です。近年は根管治療などの「抜かない虫歯治療」もありますが、末期症状(C4)まで進行すると、抜歯以外の道がなくなります。その結果、インプラントや入れ歯などの補綴(ほてつ)治療を余儀なくされてしまいます。

初期段階であれば歯医者への通院回数も少なく、治療費の比較的抑えられたはずですが、放置したことで負担が増えるのが虫歯の恐ろしさです。これを避けるためには、普段から予防に努めると共に、発症に気づいたらこれ以上の進行を防ぐため、早めに歯医者へ足を運ぶのが大切です。

歯周病とは

歯周病とは、歯垢から派生する細菌が原因で歯を支えている組織に起こる症状のことです。

歯肉(歯ぐき)と歯の間には、歯周ポケットという1mmくらいのすき間があります。歯垢をしっかり除去できていないとみこのポケットに歯垢がたまり、たまった歯垢たまり、歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これが積み重なることで歯肉が炎症を起こします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。
これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。

歯肉炎にかかると歯ぐきは赤く腫れ、リンゴをかじった時などに歯ぐきから血が出ます。歯肉炎を放置しておくと症状はますます悪化し、歯周炎へと進んでいきます。

歯周病セルフチェック

ご自身の歯ぐきの健康状態を知るために、セルフチェックを行ってみましょう。医科のリストの中から、当てはまるものにチェックを入れてみてください。

  • 歯みがきをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが赤くなっている、もしくはどす黒くなっている
  • 歯と歯の間の歯肉が丸くなっていて、腫れぼったくなっている
  • 疲れた時やストレスを感じている時に歯肉が腫れやすい
  • 以前より歯ぐきが下がってきたように感じる
  • 歯と歯の間が以前より広がった気がする
  • 歯が長くなったように感じる
  • 朝起きると口の中がネバネバする
  • 歯ぐきを指で押すと白い膿が出てくる
  • 歯がグラグラと揺れる
  • 家族や友人に口臭を指摘された

上記の中でひとつでも当てはまるものがあれば、歯周病が進行している可能性があります。これ以上の悪化を避けるために、早めに当院までお越しください。

全身への悪影響も?歯周病がもたらすリスク

歯周病はお口の中の健康に悪影響を及ぼす恐ろしい病気です。しかし、実はリスクは口腔内だけにとどまりません。最近の研究では、身体全体の不調の原因にもなり得るということが分かっています。

たとえば、体内に取り込まれた歯周病菌が血栓をつくると脳血管障害や脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、心内膜炎のリスクが高まることが指摘されています。その他にも、菌が肺に取り込まれると誤嚥性肺炎の原因になることも。また、妊婦さんの場合には早期低体重児出産につながる危険性もあります。お口の中だけでなく、全身の健康を守るためにも、早期発見・治療の重要性を認識するようにしましょう。

治療後のメンテナンスの重要性

虫歯や歯周病といったお口の病気が発症するのは、口腔内環境の乱れが主な原因です。治療で症状が回復したとしても、お口の状態が改善されなければ再発の可能性は捨てきれません。
これを避けるには、ご自宅でのケアに取り組むと共に、歯科医院での検診やクリーニング等のメンテナンスが大切です。
虫歯予防ができるだけでなく、早期発見・治療にもつながるため、定期的な通院を心がけましょう。
 


開院記念キャンペーン
銀座の歯医者 北山デンタルクリニック銀座
電話番号 03-3535-1182
土日祝日も診療しています。
電話受付時間
月~日・祝:10:30~20:00
診療時間
月~日・祝:11:00~14:00 15:30~20:00
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル3F
年中無休
痛みのある方、緊急の方は優先できるよう配慮致します。
WEB診療予約はこちらからお問い合わせはこちらから
開院記念Wキャンペーン
オールクリ―クリーニング+虫歯検診
ホワイトニング+虫歯検診
当然の治療
歯を本来の美しさに戻す
予防歯科
私たちにできる5つのこと
患者さまの声
診療案内
一般歯科
精密治療
虫歯について
歯周病について
インプラント治療
インプラント治療とは
診察の流れ
当院のインプラント治療
歯科用CTスキャンについて
院長の想い
麻酔について
審美歯科
精密治療
各種セラミック治療
ハイブリッド
金(18K)
パルプラスト
白く輝く歯
ホワイトニング
ホームホワイトニング
クリニックホワイトニング
デュアルホワイトニング
歯のクリーニング
矯正歯科
矯正治療
ドクター紹介
銀座の歯医者 北山デンタルクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座1-3-3
G1ビル3F
TEL:03-3535-1182
診療時間
土日祝日も診療しております
月~日・祝 11:00~14:00
      15:30~20:00
電話受付時間
月~日・祝 10:30~20:00

Facebook 北山デンタル公式アカウント